Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)
アセンブリは、元の画像とru_windows_7_ultimate_with_sp1_x64_dvd_u_677391のru_windows_7_ultimate_with_sp1_x86_dvd_u_677463に基づいて行われます。両方のビットが1枚の画像に組み合わせます。統合Wyzneは、2015年10月3日、210アップグレードに更新されます。ブートローダーとして停止SMSユニブートv.4.1.3を使用していました。詳細を以下に。


•統合Wyzneアップデート2015年10月3、210アップデート
•初期段階では、各種設定の選択を与えられ、ビット・システムを選択します。
•ストップSMSユニブートv.4.1.3使用ローダーとして。 (作成者:コア-2)
•必要なシステムライブラリ、DirectX®9.0cは.Microsoftの.NET Framework 4.5を統合。
•システム・インターフェースを変更し、ロゴを追加します。
•インターフェイスとサウンドスキーム。
•応用はパーティーのために人民元のOEMパッチを微調整します。
•トピックを追加しました。
•UACを無効にします。
•インストールとテストアセンブリの操作。
•いくつかの "パン"を追加しました。
•簡単に使用するために、ゲームや仕事のために使用することができます。
•インストールは、BIOSで厳密に!

概要:
SMSバナーをブロックした後、システム回復のためのツールのセットを含む、Windows 8.1のPEに基づいて、ブートイメージCD&USB、、。 HDD、システムリカバリでの作業のために設計された、データを失い、他の問題を解決します。

成分:
•ダウンロードを開始するには、画面の解像度を設定します
•Windowsの8.1を復元します(x86の場合のみ)
•Acronis®True Imageの™ホーム2013プラスパック
•パラゴンハードディスクマネージャ12プロフェッショナル
•UFSのエクスプローラプロフェッショナル回復
•Gimagex(ImageXのためのグラフィカルなシェル)
•Acronis®ディスクディレクター™ホーム更新2
•HDD低レベルフォーマットツール
•ユニバーサルウイルススニファ
•BIOSのマスターパスワードジェネレータ
•Ontrack社のEasyRecoveryエンタープライズ
•アクティブ@パスワードチェンジャー
•Acronis®回復エキスパート
•アンチWinLocker CD
•パラゴンアライメントツール
•Windowsパスワードのリセット
•ドライバーのインストール
•Ghostエクスプローラ
•アンチSMS
•PartitionWizard
•総司令官
•PassWordRenew
•GUIます。Dism Win8.1
•WindowsGate
•ブート・ビルダー
•Restorator
•エクスプローラ++
•Defraggler
•WinNTSetup
•ウルトラISO
•SAMInside
•R-Studio5
•AVZ 4.41
•TestDiskは
•勝利スナップ
•WinMount
•AkelPad
•Bootice
•Drivexp
•Ntpwedit
•Ghost32
•AIDA64
•WinHex
•7 - 郵便番号
•WinRARの
•ZAR

•9.22 9.22.00.0を7-ZIP
•は、Adobe Flash Player 18のActiveX 18.0.0.232
•は、Adobe Flash Player 18 NPAPI 18.0.0.232
•CCleanerのCCleanerの梨状株式会社
•Krentoの3.2.135.9 32ビット3.2.135.9
•Microsoft .NET Frameworkの4.5 4.5.50710
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.50727.4053 8.0.50727.4053
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.50727.42
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.51011 8.0.51011
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.56336 8.0.56336
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.57103 8.0.57103
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.58299 8.0.58299
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.59193 8.0.59193
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - 8.0.61001 8.0.61001
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.21022 9.0.21022
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.21022.0
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.21022.218 9.0.21022.218
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30411 9.0.30411
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729 9.0.30729
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.0
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.17 9.0.30729
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.4048 9.0.30729.4048
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.4148 9.0.30729.4148
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.4148.0 9.0.30729.4148
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.5570 9.0.30729.5570
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - 9.0.30729.6161 9.0.30729.6161
•マイクロソフトのVisual C ++ 2010再頒布可能 - 10.0.30319 10.0.30319
•マイクロソフトのVisual C ++ 2010再頒布可能 - 10.0.4021910.0.40219
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.50727工学11.0.50727.1}
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.50727 False11.0.50727.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.51106工学11.0.51106.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.51106 False11.0.51106.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.60610工学11.0.60610.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.60610 False11.0.60610.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.61030工学11.0.61030.0
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能() - 11.0.61030 11.0.61030.0
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012の追加のランタイム - 11.0.50727 11.0.50727
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012の追加のランタイム - 11.0.51106 11.0.51106
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012の追加のランタイム - 11.0.60610 11.0.60610
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012の追加のランタイム - 11.0.61030 11.0.61030
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012ランタイム最小 - 11.0.50727 11.0.50727
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012ランタイム最小 - 11.0.51106 11.0.51106
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012ランタイム最小 - 11.0.60610 11.0.60610
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012ランタイム最小 - 11.0.6103011.0.61030
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能() - 12.0.21005工学12.0.21005.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能() - 12.0.21005 False12.0.21005.1
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能() - 12.0.30501工学12.0.30501.0
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能() - 12.0.30501 12.0.30501.0
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013の追加のランタイム - 12.0.21005 12.0.21005
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013ランタイム最小 - 12.0.2100512.0.21005
•マイクロソフトのVisual C ++ 2015再頒布可能() - 14.0.23026 14.0.23026.0
•マイクロソフトのVisual C ++ 2015の追加のランタイム - 14.0.23026 14.0.23026
•マイクロソフトのVisual C ++ 2015ランタイム最小 - 14.0.2302614.0.23026
•アンロック1.9.2 1.9.2

•システムが自動的に起動されます。
•活性化は活性化剤の助けを借りて、デスクトップフォルダに失敗した場合:
- ダズして、Windowsローダー2.2.1
- KMSAutoネット1.0.8ポータブル
システム要件:
•1.5 GHz以上のクロック速度を持つプロセッサ
•推奨RAM - 1GB以上
•空きディスク容量の18ギガバイトが必要です
•DVD-ROMドライブ
•キーボードとマウス(マイクロソフト)、または互換性のあるポインティングデバイス
•モニタ解像度600分の800以上
•ビデオカード - 128メガバイト

チェックサム:
ファイル: Windowsの7x86x64究極のフルv.64.15.iso
CRC-32。 7BD43DC2
MD4: E7BC155F1C5CD7594CF65CC2AC405B95
MD5: BC3750D51DD9023E440CDBFB3AF0DA1E
SHA-1: 8A89A4A4DAC360FB3303D4F2E355C4110B2E1AD5

ソフトウェアについての情報:
発売予定日: 2015年10月4日
タイトル: Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT
バージョン: v.64.15
開発者/著者が構築します。 MicroSoftの/ UralSOFT
解像度: x86 / x64の(2in1は)
言語: 多言語対応
医学: 必須ではありません
サイズ: 3.64ギガバイト

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)



ダウンロードWindows 7の究極のSP1のx86 / x64のフルv.64.15 UralSOFT(RUS / 2015)
Turbobit.netからダウンロード
Nitroflare.comからダウンロード
Fileplaneta.comからダウンロード
Uploaded.net部品からダウンロード

7364