WSUSのオフラインアップデートv.10.2 /ポータブル/

WSUSのオフラインアップデートv.10.2 /ポータブル/
WSUSのオフラインアップデート - プログラムは、Windows UpdateおよびOfficeをオフラインで実行することができます。ご存知のように、マイクロソフト社は、定期的にその主要製品のアップデートをリリース - WindowsおよびOfficeの、およびこれらのアップデートは自動的にインストールされますが、場合にのみインターネットに接続され、それらがインストールされたコンピュータ。 WSUSのオフラインアップデートは、WindowsとOfficeオフラインを更新する機能を提供します。

動作原理は、統合クライアントを使用しているプログラムは、あなたがインターネットに接続されたコンピュータ上で新しい更新プログラムをダウンロードすることができますということですので、彼らは、オフラインモードで他のコンピュータをアップグレードするには、このCDを使用するために、将来的にDVDに書き込むことができます。

WSUSのオフラインアップデートの一つの特徴は、いくつかの更新プログラム(かさばるサービスパックなどをダウンロードしたのプログラムはリストから除外することを可能にするということです)、ならびに他の多くのオプションを調整するには、例えば、位置のどの等(ロシア語、英語、)は、WindowsとOfficeの更新プログラムをダウンロードする必要があります。

WSUSのオフラインアップデート - あなたは、WindowsとOffice製品をオフラインで更新することができます。、WindowsやOffice、およびこれらのアップデートは自動的にインストールされますが、コンピュータがその上にそれらがインストールされている場合にのみ - あなたが知っているように、Microsoftは定期的に、その中核製品に更新プログラムをリリースインターネットに接続されています。 WSUSのオフラインアップデートは、WindowsとOfficeオフラインを更新する機能を提供します。動作原理は、プログラムが内蔵されていることをクライアントであるあなたは、彼らがすでにオフラインの他のコンピュータを更新するためにディスクを使用するために、将来的にDVDに書き込むことができ、インターネットに接続されたコンピュータ上の最新の更新プログラムを入手することができます。

WSUSのオフラインアップデートの一つの特徴は、いくつかの更新プログラム(かさばるサービスパックなどをダウンロードしたのプログラムはリストから除外することを可能にするということです)、また、WindowsとOfficeの更新プログラムをダウンロードすることが要求されるような位置(ロシア語、英語、などd)はどのように他のパラメータの数を設定します。

何が新機能:
- サポートは、Office 2016のために追加します
- バージョン3.3.14.2に更新のAutoItスクリプトコンパイラ
- Vに更新aria2ダウンロードユーティリティの静的ダウンロードURL。 1.19.2
- DetermineSystemProperties.vbs手動で実行された場合、スクリプトは現在、代わりに「%TEMP%ディレクトリのSetSystemEnvVars.cmd」のファイルは "%USERPROFILE%DesktopWOUSystemProperties.txt」を作成します。
- 修正:Windowsの10のために除去時代遅れの2015年9月の累積的な更新プログラム(kb3081455)と前提条件互換性アップデート(kb3081452)
- 修正:置き換え時代遅れのVisio 2010セキュリティ更新プログラムのkb3054876 kb3085514によって(MS15-081)(MS15-110)
- 修正:Windows VistaおよびServer 2008の(x86)のために誤って除外セキュリティ更新kb2535512(MS11-042)の部分をダウンロードしてkb2973201(MS14-039)
- 修正:.NET Frameworkの4.6が適切にServer Coreのシステムにインストールされていません

オペレーティングシステム:Windows®XPの、2003、Vistaでは、2008、2012、2016、7、8、8.1および10(64分の32ビット)
インターフェイス:英語
:不要
サイズ:3.9 Mbの

「WSUSオフラインアップデート10.2ポータブル」のダウンロード:
Turbobitからダウンロード
Greenboxesからダウンロード
Salefilesからダウンロード


3549