Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)
元の画像とru_windows_7_ultimate_with_sp1_x86_dvd_u_677463 ru_windows_7_ultimate_with_sp1_x64_dvd_u_677391に基づいて、この光アセンブリ。両方のビットは、単一の画像に合成します。アセンブリでは、選択肢にインストールの初期段階の目的のバージョンを与えられました。それは2015年10月17日の時点で、すべての重要かつ必要な更新プログラムを統合します。アプライドの調整RMB-OEMパッチ。詳細以下。


•セットアップのインターフェイスを変更し、デスクトップのアイコンがテーマに追加しました。
•のWindows V 2.7.5は部分統合パッケージシステムソフトウェアは、DirectXのJun2010、VISUAL C ++ライブラリ、アンダースポイラーNET Framework.Integrirovannyソフトウェアが含まれています。
•精製し、圧縮フォルダWinsxs、rescache、バックアップ
•Tempフォルダは、Cドライブのルートに移動させ、
•アセンブリinstall.wimyでは、スペースを節約するために、ESD形式で挟ま。また、Windows 8.1に基づいて、ユニバーサルブートローダーをインストールする可能性。
•アセンブリが統合されているユニバーサルローダー停止SMSユニブートv.5.05.05(コア-2著)。
•アセンブリは、LENOVOコンピュータ上でテストされました。
•厳密にBIOSをインストール!

概要:
SMSバナーをブロックした後、システム回復のためのツールのセットを含む、Windows 8.1のPEに基づいて、ブートイメージCD&USB、、。 HDD、システムリカバリでの作業のために設計された、データを失い、他の問題を解決します。

成分:
•ダウンロードを開始するには、画面の解像度を設定します
•パラゴンハードディスクマネージャ12プロフェッショナル
•Gimagex(ImageXのためのグラフィカルなシェル)
•マイクロソフトの診断およびリカバリツールセット
•Acronis®True Imageのはプレミアム2014 PP™
•Windowsの8.1を復元します(x86の場合のみ)
•Acronis®ディスクディレクター™ホーム更新2
•Acronis®ディスクディレクター™サーバー10
•BIOSのマスターパスワードジェネレータ
•HDD低レベルフォーマットツール
•アクティブ@パスワードチェンジャー
•Acronis®回復エキスパート
•ユニバーサルウイルススニファ
•パラゴンアライメントツール
•Windowsパスワードのリセット
•ドライバーのインストール
•PartitionWizard
•総司令官
•GUIます。Dism Win8.1
•Ghostエクスプローラ
•ResetPasswordの
•PassWordRenew
•ブート・ビルダー
•WindowsGate
•Restorator
•エクスプローラ++
•Defraggler
•WinNTSetup
•ウルトラISO
•PassReset
•SAMInside
•アンチSMS
•AVZ 4.43
•TestDiskは
•勝利スナップ
•WinMount
•Ntpwedit
•AkelPad
•Bootice
•Drivexp
•Ghost32
•AIDA64
•WinHex
•WinRARの
•DmDe
•7 - 郵便番号

•アップデートのWindows(究極まで)
•Windowsでファイルとフォルダのバックアップ
•ビジネスのスキャン機能
•クリップライブラリ
•Windowsのヘルプ
•カスタマイズWindowsのヘルプ
•IIS Webサーバーとその変更
•インデックスサービス
•メディアセンター
•コンポーネントを使用したモバイルPC
•NFS(ネットワークファイルシステム)のためのサービス
•オフラインファイル
•DVDメーカー
•ラス・接続マネージャ(CMAK)
•リスナーリッピング(のRIPv1アップデートのプロトコルルート)
•リモート差分圧縮
•ドライブシステムの復元
(メディアセンターに必要)•リモートアシスタンス
•説明
•ドライブシステムの復元
(メディアセンターに必要)•リモートアシスタンス
•BitLockerドライブ暗号化
•オンラインゲーム
•プレミアムゲーム(チェス、麻雀)
•シンプルなサービスTCPIP(エコー、昼間、など)
•SNMPネットワークプロトコル(オプションパッケージ)
•サブシステムのUNIXベースアプリケーション
テレビチューナーの•ドライバ
•のVirtualPC仮想化(ライセンス・パッケージ、USB-RPM-パッケージ、VirtualXP-ライセンス - パッケージ)
スキャンされたテキストの•認識
•WMI SNMPプロバイダーを(子SNMP)
•証明書サーバー
•言語
•自然言語
•マイクロソフトIME - 入力方式エディター(文字入力)
•(エアロのWindowsベースのテーマを除く)すべての被験者
•削除されたアジア言語のフォント
•音声・ナレーター(govorilka)

また:
•無効にするUAC、Windows Defenderの
•クリーンフォルダのWindows winsxs バックアップ
•無効に休止状態
•タブレットPC
•Telnetクライアント
•Telnetサーバ
•TFTPクライアント

x86の:
•Adobe Flash Playerの18のActiveX Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•Adobe Flash Playerの18 NPAPI Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•Adobe Flash Playerの18 PPAPI Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•CCleanerは梨状5.08
•Microsoft .NET Frameworkの4.6
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - のx86 9.0.30729.6161
•マイクロソフトのVisual C ++ 2010のx86再頒布可能 - 10.0.40219
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能パッケージ(x86)の - 11.0.61030
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能パッケージ(x86)の - 12.0.30501
•マイクロソフトのVisual C ++ 2015再頒布可能パッケージ(x86)の - 14.0.23026
•のMicrosoft Visual F#2.0ランタイムMicrosoft Corporationの2015年7月26日
•Microsoft Visual J#2.0再頒布可能パッケージ
•Visual Basic 6.0の拡張ランタイム
•言語パックのランタイムのMicrosoft Visual F#2.0 - RUS

x64の:
•Adobe Flash Playerの18のActiveX Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•Adobe Flash Playerの18 NPAPI Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•Adobe Flash Playerの18 PPAPI Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
•CCleanerは梨状5.08
•Microsoft .NET Frameworkの4.6
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - のx64 8.0.61000
•Microsoft Visual C ++ 2005再頒布可能 - のx86 8.0.61001
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - のx64 9.0.30729.6161
•Microsoft Visual C ++ 2008再頒布可能 - のx86 9.0.30729.6161
•マイクロソフトのVisual C ++ 2010再頒布可能 - x64の10.0.40219
•マイクロソフトのVisual C ++ 2010再頒布可能 - のx86 10.0.40219
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能(x64)の - 11.0.61030
•マイクロソフトのVisual C ++ 2012再頒布可能パッケージ(x86)の - 11.0.61030
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能(x64)の - 12.0.30501
•マイクロソフトのVisual C ++ 2013再頒布可能パッケージ(x86)の - 12.0.30501
•マイクロソフトのVisual C ++ 2015再頒布可能パッケージ(x86)の - 14.0.23026
•のMicrosoft Visual F#2.0ランタイム
•Microsoft Visual J#2.0再頒布可能パッケージ - SE(x64)の
•Visual Basic 6.0の拡張ランタイム
•言語パックのランタイムのMicrosoft Visual F#2.0 - RUS

•アクティベーションは、インストールの最終段階で行われます。
•念のため、活性化剤とデスクトップフォルダに置か:
- Windowsのローダーv2.2.2
- Windows 7のローダーエクストリームエディションv3.503
- 再ローダーアクティベーター1.6ファイナル
- KMSAutoネット2015 1.4.0ポータブル
- KMSAuto Liteのポータブル1.2
システム要件:
•1.5GHz以上のクロック速度を持つプロセッサ。
•RAM:最小許容 - 512メガバイト。
•空きディスク容量の24ギガバイトが必要です
•DVD-diskov.Klaviaturaとマウス(マイクロソフト)、または互換性のあるポインティングデバイス。
•600分の800以上の解像度を監視します。
•ビデオカード - 512メガバイト以上

チェックサム:
ファイル: Windowsの7x86-x64の究極のライトKottoSOFT v.Space.iso
CRC-32。 3D812A1F
MD4: BD9F6A82CED60DD9D5E8113F3A473383
MD5: 459EEAE14D0684D59663FCAB01606343
SHA-1: 5ED3064689366FFF4C771712865E71FD56BB3607

ソフトウェアについての情報:
発売予定日: 2015年10月17日
タイトル: Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space
バージョン: v.Liteスペース
開発者/著者が構築します。 MicroSoftの/ KottoSOFT
解像度: x86 / x64の(2in1は)
言語: 多言語対応
医学: あり(デスクトップ上)
サイズ: 2.15ギガバイト

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)

Windows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)



ダウンロードWindows 7の究極のSP1のx86 / x64のKottoSOFT Liteのv.Space(RUS / 2015)
Turbobit.netからダウンロード
Nitroflare.comからダウンロード
Fileplaneta.comからダウンロード
Hitfile.netからダウンロード
Uploaded.net部品からダウンロード

4458