Windows 7のSP1およびサーバー2008 R2 SP1用のUpdatePack7R2 15.10.20

Windows 7のSP1およびサーバー2008 R2 SP1用のUpdatePack7R2 15.10.20
UpdatePack7R2 - 設定は、オペレーティングシステムを更新するだけでなく、分布の更新を統合することができます。 Windows 7とServer 2008 R2の、あなたと任意の言語の任意のビットの任意のエディションにインストールすることができます。すべてのInternet Explorerのバージョン、すべての重要な、推奨、およびセキュリティ更新プログラムの更新を含みます。開発者のウェブサイトに詳細を参照してください。

使用
システムの適切な動作のためにハードドライブとRAMの好ましくは1 GB未満の空き領域の少なくとも5ギガバイトであるべきです。

柔軟なインストールセットでは、その次のキーとの組み合わせを使用することができます。
- それが必要な場合に自動的に再起動するキー/再起動)を選択します。
- キー/ S完全なサイレント窓のないとのメッセージを使用してインストールするため。事項を登録します。
- キー/サイレントパッシブインストール - あなたは、進行状況を確認することができますが、インストールは完全に自動化されています。
- Internet Explorerの11とその局在化のためのキー/ IE11ブラウザの設定。
- キー/温度=あなたは一時的な作業ディレクトリを指定することができます。彼は空である必要はないが、それが存在している必要があります。
- キー/ NOSPACEでは、システムパーティションの空き領域をチェックするスキップすることを可能にすることはお勧めしません。

例:
UpdatePack7Live.exe / IE11 /サイレント/再起動: - 自動的にすべての更新、IE11をインストールし、コンピュータを再起動する必要があります
- それは、既存の製品にすべての隠された更新プログラムをインストールする必要があり、IEのバージョンが変更されず、コンピュータが再起動しない:UpdatePack7Live.exe / S

次のキーは、ディストリビューションの最新情報を統合するために設計されています。
- キー/ WimFile =は、WIMファイルの場所を示して、あなたは絶対パスを指定する必要があります。
- キー/インデックス=は、WIMファイルのインデックスシステムを示し、あなたは、各インデックスの再統合を実行する必要があります。
- キー/インデックス= *あなたが交互にすべてのインデックスWIMファイルへの更新を統合することができます。

備考:
- インデックスを指定する前にコマンドを実行するのに便利ですします。Dism /ゲット-WimInfo /WimFile:C:install.wim(自分で交換する方法)。
- すべての更新を統合することができるわけではありませんが、彼らは、システムの安全性に影響を与えません。

例:
UpdatePack7R2.exe / IE11 /WimFile=C:install.wim /インデックス= 1: - インデックス1にIE11とすべての更新を統合する必要があります
- それはすべてのインデックスにIE11とすべての更新を統合する必要がある:UpdatePack7R2.exe / IE11 /WimFile=C:install.wim /インデックス= *
- それは、既存製品の更新プログラムのみを統合する必要がある、IEのバージョンは変更されません:UpdatePack7R2.exe /WimFile=C:install.wim /インデックス= 1

追加機能性
それがシステムにインストールされていない場合は、自動的に、SP1をインストールすることができます1。これを行うには、設定された同じディレクトリ内のファイルWindows6.1-KB976932-X86.exeとWindows6.1-KB976932-X64.exeを探します。
2. UpdatePack7R2Start.cmdのセットに次がある場合 - それはUpdatePack7R2Finish.cmd、アップデートをインストールする前に行われます - インストール後、UpdatePack7R2Wim.cmdは - 更新の統合後。デフォルトでは、コンソールウィンドウが表示されます。それらを非表示にするには、CMDファイルの最初の行がで始まらなければなりません」:非表示 "(引用符なし)。更新プログラムのロールアップでは、再起動する必要がある場合には、CMD-コードファイルの出力を監視します。このコードは、3010(3010 exitコマンド)です。
あなたは、Internet Explorer 11は、オペレーティングシステムにインストールした後、あなたの微調整を適用する場合3. ie11.regファイルのセットでのフォルダにありますし、それが自動的にインポートされます。
4.一部のキーは、ファイルの名前を変更のセットで置き換えることができます。だから、IE11をインストールするには、ファイル名を、設定された任意の場所で単語「IE11」を追加することができます " - "自動的に再起動すると、パッシブインストールのための「++」。

•例:
IE11 ++ exeファイル - UpdatePack7R2で名前の変更UpdatePack7R2.exe: - それは自動的にIE11と再起動を伴う現用システムのセットをインストールする必要があります。
- それは、絶対に次のキーを使用するのと同じです:UpdatePack7R2.exe / IE11 /サイレント/再起動

注釈
1.サイズ分布(WIMファイル)がインストールされている更新プログラムのサイズによって増加されます。
2.統合更新があっても、インストール後に、除去することができます。
Windows XPの3.の統合では、XPとVista用のDISMをインストールしたい更新されます。
4.セットの期間中にメモリ常駐アンチウイルスモニタからアンロードすることをお勧めします。
5.更新ログファイルは、%Windir%UpdatePack7.logに位置してインストール詳細。

バージョン10.15.20での変更点
追加されたKB2999226-x86ベースのx64、KB3042058-x86ベースのx64、KB3074543-x86ベースのx64、KB3080079-x86ベースのx64、KB3084135-x86ベースのx64、KB3086255-x86ベースのx64、KB3087039-x86ベースのx64、KB3087918-x86ベースのx64(のみWindows 7の)、KB3088195-x86ベースのx64、KB3093513-x86ベースのx64(のWindows 7のみ)
追加されたKB3069114-x86ベースのx64(KB3046002-x86ベースのx64を置き換えます)
追加されたKB3072595-x64の(KB2772930-x64およびKB2923392-x64の、Server 2008の、唯一のR2を置き換え)
追加されたKB3080446-x86ベースのx64(KB3079757-x86ベースのx64を置き換えます)
追加されたKB3083710-x86ベースのx64(KB3075851-x86ベースx64およびKB3083324-x86ベースのx64を置き換えます)
追加されたKB3092627-x86ベースのx64(KB3076895-x86ベースのx64を置き換えます)
追加されたKB3093983-IE8-x86ベースのx64(KB3078071-IE8-のx86 x64の、KB3087038-IE8-のx86-x64およびKB3087985-IE8-のx86-x64のを置き換えます)
追加されたKB3093983-IE9-x86ベースのx64(KB3078071-IE9-のx86 x64の、KB3087038-IE9-のx86-x64およびKB3087985-IE9-のx86-x64のを置き換えます)
追加されたKB3093983-IE10-x86ベースのx64(KB3078071-IE10-のx86 x64の、KB3087038-IE10-のx86-x64およびKB3087985-IE10-のx86-x64のを置き換えます)
追加されたKB3093983-IE11-x86ベースのx64(KB3058515-IE11-のx86 x64の、KB3078071-IE11-のx86 x64の、KB3087038-IE11-のx86-x64およびKB3087985-IE11-のx86-x64のを置き換えます)
追加されたKB3094995-x64の(KB3068364-x64の、Server 2008の、唯一のR2を置き換え)
追加されたKB3097966-x86ベースのx64(KB3083992-x86ベースのx64を置き換えます)
削除次の更新テレメトリ:KB2952664-x86ベースのx64、KB3021917-x86ベースのx64、KB3068708-x86ベースのx64、KB3075249-x86ベースのx64、KB3080149-x86ベースのx64
IE11場合は次のアップデートはインストールされません:KB3094995-x64の(唯一のサーバー2008 R2)
ローカライゼーション
インターフェースキットは次の言語で更新を翻訳しました:
- 英語(英語)
- アルメニア(アルメニア)
- ブラジルのポルトガル語(ブラジルポルトガル語)
- インドネシア(インドネシア)
- 国際スペイン語(スペイン語インターナショナル)
- 繁体字中国語(繁体字中国語)
- ノルウェー(ノルウェー)
- 多言語(ロシア語)
- トルコ語(トルコ)
- ウクライナ語(ウクライナ)
- チェコ(チェコ)
- エストニア語(エストニア)
*この表では、唯一のインターフェース言語を示し、アップデート自体は言語で任意のシステム上に実装することができます。
**インタフェースのInternet Explorer 11〜95言語の公式ローカライズも、スペルチェックやハイフネーションを含む、含まれています。

MD5: 648c7d735d0c1383c7f1da580dd1c1b7

Windows 7のSP1およびサーバー2008 R2 SP1用のUpdatePack7R2 15.10.20

Windows 7のSP1およびサーバー2008 R2 SP1用のUpdatePack7R2 15.10.20



年: 2015
オペレーティングシステム:Windows 7のSP1(x86ベースのx64)/ Server 2008 R2のSP1(x64)の
言語: 多言語/多言語
:不要
サイズ:680メガバイト

UpdatePack7R2 15.10.20は、Windows 7 SP1およびサーバー2008 R2 SP1用のダウンロード
TurboBit.netからダウンロード
Ul.toからダウンロード
Gboxes.comからダウンロード

3249